現在の位置

軽自動車税

更新日:2019年5月14日

課税の対象となる方
その年の4月1日現在に、

  • 原動機付自転車
  • 軽自動車
  • 小型特殊自動車
  • 二輪の小型自動車

を所有している方に課税されます。新たに取得された方、あるいは譲渡、廃車または、盗難などにあわれた方、転出される場合などは、届け出てください。
車種により届出先が異なりますのでご注意ください。

 

  • 原動機付自転車,小型特殊自動車,ミニカーについては、従来のナンバープレートとご当地ナンバープレートとの選択制になります。

ご当地ナンバープレート


平成28年11月から交付している原動機付自転車のご当地ナンバープレートに、平成30年7月から小型特殊自動車(農耕用トラクター、フォークリフトなど)とミニカーが新たに加わり、計5種のご当地ナンバープレートを交付しています。新規登録のほか、既に登録されている車両でも1台につき1回、無料で交換できます。

(対象車種)

 

原付50cc以下(白色)

原付90cc以下(黄色)

原付125cc以下(桃色)

小型特殊自動車(緑色)

ミニカー(水色)

ご当地ナンバープレート(原付50シーシー以下)

ご当地ナンバープレート(原付90シーシー以下)

ご当地ナンバープレート(原付125シーシー以下)

ご当地ナンバープレート(小型特殊自動車)

ご当地ナンバープレート(ミニカー)

○交付場所 市役所本館1階 税務課7番窓口

○販売店の方が手続きされる場合はご当地ナンバープレートと従来のナンバープレートのどちらを希望されるか所有者にご確認の上、来庁ください。

 

 

車種と届出先
車種 届出先
125ccまでの原動機付自転車
小型特殊自動車

税務課市民税係(内線222、223)

三輪と四輪の軽自動車

軽自動車検査協会京都事務所(電話050-3816-1844)

二輪

京都運輸支局(電話050-5540-2061)

 

軽自動車検査協会

京都運輸支局

125ccまでの原動機付自転車と小型特殊自動車の手続きに必要なもの

 

登録

次のいずれか1点

販売証明書

再登録用廃車証明書(車名・車体番号・排気量の記載のある物)

譲渡証明書と古物商許可証(コピー可)

  • 印鑑(認め印)
  • 運転免許証など本人確認書類
  • ミニカーは改造自動車届出書
  • 小型特殊自動車は型式、大きさ、総排気量、車台番号のわかるもの(パンフレットなど)

 

廃車(向日市で登録された車両のみ)

  • 向日市のナンバープレート
  • 印鑑(認め印)
  • 運転免許証など本人確認書類

 

ナンバープレートを返納できない場合

紛失・破損等 正当な理由がない場合は、申立書と標識弁償金150円が必要です。

盗難    警察署・交番への盗難届出の受理番号を確認してから手続きします。

名義変更(譲渡)

向日市外で登録されている方からの譲受

  • 旧納税義務者の再登録用廃車証明書
  • 印鑑(認め印)
  • 運転免許証など本人確認書類

 

向日市外の方への譲渡

  • 廃車と同じ

 

新旧納税義務者がどちらも向日市内のとき

  • ナンバープレート  ナンバーの変更をしないときは不要です。
  • 新旧納税義務者の印鑑(認め印)
  • 新旧納税義務者の運転免許証など本人確認書類
  • 新旧納税義務者のどちらかのみ来庁の場合、来庁できない方の委任状

住所変更

転出

  • 向日市のナンバープレート
  • 印鑑(認め印)
  • 運転免許証など本人確認書類

転出先の市町村によっては向日市のナンバープレートを持参すれば、新しいプレートの交付を受けられる場合がありますので、転出先市町村にお問い合わせください。

 

転入

次のいずれか1点

前の市町村でナンバープレートを返納しているとき 再登録用廃車証明書

前の市町村のナンバープレートを現在も使用しているとき

他市町村で交付されたナンバープレート(同一人が引続き使用される場合 のみ)

  • 印鑑(認め印)
  • 運転免許証など本人確認書類

 

いずれの場合も本人・向日市内在住の同一世帯の家族以外が手続きする場合は委任状と手続きする方の本人確認書類が必要です。

販売店の方が手続きする場合は申告書に社印の押印が必要です。

 

定置場の変更なしなどの理由で軽自動車税の納税通知書の送付先を変更したい場合は

税務課市民税係までお問い合わせください。

軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(EXCEL:57.5KB)

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(EXCEL:86KB)

委任状(軽自動車税)令和表記(WORD:31KB)

平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

 地方税法の改正に伴い、向日市税条例の一部を改正しました。

当初、平成26年度税制改正により平成27年度課税から税率の引き上げを実施する予定でしたが、平成27年度税制改正により実施期間が1年延長されました。

原動機付自転車、二輪等

 平成28年度からの税率は、次のとおりです。

原動機付自転車
区分 平成27年度まで 平成28年度以後
一種(排気量50ccまたは0.6キロワット以下) 1,000円 2,000円
二種乙(排気量90ccまたは0.8キロワット以下) 1,200円 2,000円
二種甲(排気量125ccまたは1キロワット以下) 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

 

小型特殊自動車
区分 平成27年度まで 平成28年度以後
農耕作業用 1,600円 2,000円
その他 4,700円 5,900円

 

二輪、ボートトレーラー
区分 平成27年度まで 平成28年度以後
軽自動車二輪(排気量125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車(排気量250cc超) 4,000円 6,000円
ボートトレーラー 2,400円 3,600円

 

三輪、四輪の軽自動車

平成27年3月31日以前に新規登録した車両(初めて車両番号の指定を受けた車両)は、登録後13年間は現在の税率である「1」を適用します。
平成27年4月1日以後に新規登録する車両は、新税率である「2」を適用します。
ただし、平成28年4月1日以後の賦課期日(毎年4月1日)現在に、新規登録から13年を超える車両(電気軽自動車などを除く)には、「1」「2」のいずれの場合であっても「3」の経年重課の税率が適用されます。

三輪の税率
  1.平成27年3月31日以前の新規登録車両 2.平成27年4月1日以後の新規登録車両 3.平成28年度から新規登録後13年超えの車両(経年重課)
三輪 3,100円 3,900円 4,600円

四輪(乗用)の税率
  1.平成27年3月31日以前の新規登録車両 2.平成27年4月1日以後の新規登録車両 3.平成28年度から新規登後13年超えの車両(経年重課)
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円

 

四輪(貨物用)の税率
  1.平成27年3月31日以前の新規登録車両 2.平成27年4月1日以後の新規登録車両 3.平成28年度から新規登録後13年超えの車両(経年重課)
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

新規登録した年月は、自動車検査証の「初度検査年月」です。

軽自動車税の減免

心身に障がいのある方が、一定の要件に該当する場合に、減免を受けることができます。(障がい者1人につき1台(普通自動車含む。))軽自動車税が課税されている場合は、毎年減免申請をしていただく必要がありますので、ご注意ください。

申請期間

軽自動車税納税通知書到着後から納期限4月30日まで

(土曜日、日曜日の場合は翌月曜日)

(注釈)納期限後に申請された場合は受付できません。

減免対象者

障がいの級などによって異なります。詳しくはお問い合わせください。

申請に必要なもの

新規及び所有者、標識番号、車両等に変更がある方

  • 軽自動車税減免申請書(窓口に置いています。)
  • 軽自動車税納税通知書兼納付書(口座振替の方は納税通知書)
  • 身体障害者手帳など
  • 運転する方の運転免許証
  • 軽自動車検証(車検が必要な車種のみ)
  • 納税義務者の印鑑

更新の方

  • 軽自動車税減免申請書(更新の方については、納税通知書と一緒に同封しています。)
  • 軽自動車税納税通知書兼納付書(口座振替の方は納税通知書)
  • 身体障害者手帳など
  • 納税義務者の印鑑

 

申請場所

向日市役所本館1階 税務課7番窓口

その他にも軽自動車の構造による減免制度があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ
環境経済部 税務課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
環境経済部 税務課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください