現在の位置

向日市まち・ひと・しごと創生総合戦略

更新日:2016年6月23日

 平成20年に始まったわが国の人口減少は今後、加速度的に進むことが予想され、わが国の喫緊の課題となっています。人口減少及び少子高齢化の進展は、国民所得の減少、地域活力の低下、社会保障費の増加、そして地方財政の縮小など、社会経済や国民生活にとって大きな影響を及ぼすこととなります。

 こうした状況に対して国は、活力ある日本社会の維持のために人口減少への対応を待ったなしの課題ととらえ、1東京一極集中の是正、2若い世代の就労・結婚・子育ての希望の実現、3地域の特性に即した地域課題の解決、という3つの基本的視点のもと、平成26年に「まち・ひと・しごと創生法」を制定しました。

 この中で、人口減少の状況は、地域によって状況や原因が異なり、地域特性に応じた処方せんが必要との考え方から、すべての都道府県及び市町村において、平成27年度中に、人口の将来展望を示す「地方人口ビジョン」及び地域の特色や地域資源を生かし、地域の活性化と人口減少対策を示す「地方版総合戦略」の策定に努めることとされています。

 また、国民の希望を実現し、人口減少に歯止めをかけ、平成72年に1億人程度の人口確保を目指す「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、人口減少の克服及び地方創生をあわせて行うことにより、将来にわたって活力ある日本社会を維持するために平成27年から5年間の施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されました。この国の戦略では、地方の自立につながるよう、国から地方公共団体への多様な支援と「切れ目」のない施策の展開が示されています。

 本市においては、桂川・洛西口新市街地に大型商業施設や企業が進出するとともに、住宅の立地が進み、今後数年間は人口増加が予想され、他のまちと異なった状況となっておりますが、長期的には、人口減少の傾向となることが予想される中、国や京都府と連携しながら、地域活性化を総合的かつ効果的に推進していくための政策を定めた「向日市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定するものです。

向日市まち・ひと・しごと創生総合戦略 (PDF:675.4KB)

参考

ふるさと向日市創生計画委員会

向日市まちづくり市民アンケート結果報告(PDF:1.6MB)

向日市転入・転出に関するアンケート結果報告(PDF:752.3KB)

お問い合わせ
ふるさと創生推進部 企画広報課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
ふるさと創生推進部 企画広報課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

〒617-8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時15分まで
【閉庁日】 土曜日、日曜日、祝日、年末年始