現在の位置

今江敏晃さん

更新日:2015年12月11日

(写真)今江敏晃さん

プロフィル 
プロ野球選手。1983年生まれ、向日市出身。
第4向陽小・寺戸中卒業後、PL学園高を経て千葉ロッテマリーンズに入団。日本シリーズMVP・ワールドベースボールクラシック優勝など、数々のタイトルを獲得。

向日市で過ごした少年時代

(写真)今江敏晃さん1

野球を始められたのはいつ頃でしょうか

幼稚園の頃です。その当時、仲のよかった友達のお兄ちゃんが『向陽オックス』という軟式野球のチームに通っていました。僕自身も野球好きということもあったのですが、そのお兄ちゃんにくっついて、練習を見ているうちに、自然にチームに入っていましたね。

中学、高校時代はほとんど毎日が野球の練習づけだったと思いますが、その頃の思い出は何かありますか

中学時代は、学校の授業が終わったら、すぐに田辺のグラウンドまで電車で練習に行って・・・という毎日でした。向日町駅からJRに乗って京都駅まで行って、そこから近鉄に乗って田辺まで通っていました。
夜の10時頃まで練習して、家に帰ったら、もう12時過ぎでした。その時間になるとほとんど電車がなかったので、よく車で送ってもらっていました。
そんな毎日でしたけど、当時の担任の先生には、課外活動などで融通をきかせてもらったりして、本当にお世話になりました。クラスメートにも協力してもらって、いまでも感謝しています。

故郷を離れて

(写真)今江敏晃さん2

プロ野球の選手になりたいと思われたのはいつ頃からですか

小学校くらいの時です。小さい頃からテレビ中継をよく見てあこがれていたので、とにかくプロ野球選手になることができたときは、今でも忘れられないくらい、本当にうれしかったです。

関西から遠い千葉でプロ生活を始められましたね

やっぱり最初の頃は、違和感というか、関西と関東の違いで慣れないこともありましたけど、今はすっかりこちらの生活になじんでいます。妻が東京の人間なので、助けられたところがあるのかもしれません。

今お住まいの環境では、どんなところが気に入っておられますか

今住んでいるところは、本当にファミリー向けという感じで、きれいに整備された街並みです。マンションもたくさん建っているんですが、きちんと大きな公園があったり、治安も良くて。向日市もそういうまちになってもらうとうれしいです。 こちらは道もすごく広いんです。この前久しぶりに向日市に帰ったら「こんなに道が狭かったんや!」ってびっくりしました(笑)。

道や公園については、市民の皆さんからいろいろとご意見をいただいています

でも、阪急洛西口駅とJR桂川駅ができたりとか、僕が住んでいた頃からすればいろいろと開発が進んでいる部分もあって、正直、だいぶ様子が変わってきたなと思いました。

子どもが元気なまち

(写真)今江敏晃さん3

向日市にお住まいだったときに、お気に入りの場所などはありましたか

田んぼがたくさんあるじゃないですか。僕の実家の周辺は特に多くて。
子どもの頃は田んぼの脇にある溝や川で、ザリガニを捕ったりしていました。毎日、学校からの帰りに「魚おるかな?」とか思って、よくのぞいていました。
この前実家に帰ったときに、一人で自転車に乗って近所をぶらっと回ってみましたけど、まだ魚とかがいるんですよ。今住んでいるところにはそういった場所がないので、すごくいいなあと思います。

お気に入りの場所が残っていて良かったです

そうですね。田んぼの稲を刈ったところで、よく友達と野球もしていましたから、思い出の場所です。

10年後の向日市に期待していることがあればお聞かせください

実家の近所を回っていたときに、もうひとつ気になったことがあったのですが、それは、子どもの姿がまったく見当たらなかったことです。
僕が子どものときは、それこそさっき言ったように、田んぼのあたりで遊んでいたり、家の周りでキャッチボールをしたりというのが普通だったと思うのですが、外で遊んでいる子どもを全然見ませんでした。
子どもの数が当時よりも減っていて、実家のあたりもそのせいで地蔵盆がなくなったと聞いたのですが、何だか寂しい感じがします。やっぱり、子どもがたくさんいて、元気に外で遊んでいるような、にぎやかなまちになってほしいです。ネオン街のにぎやかさではなくて。

理想的なまちを目指してがんばりますので、ぜひ応援をよろしくお願いします

こういう取材を受ける前から、いつも妻と話していたのですが、僕はやっぱりここで生まれ育ってずっと野球をしていた人間なので、今後、もしできるなら、僕が主催する少年野球大会を生まれ故郷の向日市でやってみたいと考えています。

(写真)今江敏晃さん4

(写真)今江敏晃さん5

お問い合わせ
市長公室 企画調整課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市長公室 企画調整課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

〒617-8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時15分まで
【閉庁日】 土曜日、日曜日、祝日、年末年始