現在の位置

スプレー缶・カセットボンベの廃棄方法について

更新日:2018年12月26日

必ず中身を使い切ってください

ご家庭で使用済みになったスプレー缶・カセットボンベは、必ず中身を使い切ってから廃棄していただきますようお願いいたします。

穴あけの有無にかかわらず、中身のガスを完全に出し切っていれば、引火や爆発などの恐れはなくなります。

一方、中身が残っているスプレー缶に穴をあけると、周囲の火種によって引火・爆発する危険があります。また、穴をあけないで中身が残ったまま廃棄すると、ごみ収集車やごみ処理施設が火災事故が発生する恐れがあります。

残ったガスを抜く作業は、火気のない風通しの良い屋外で行ってください。

お問い合わせ
環境経済部 環境政策課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
環境経済部 環境政策課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

〒617-8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時15分まで
【閉庁日】 土曜日、日曜日、祝日、年末年始