特産品

更新日:2018年7月2日

タケノコ

たけのこ

向日市の竹は90パーセント以上がモウソウ竹です。そのタケノコは、肉質が厚く、歯ざわりもよくて、最高の品質を誇っています。なかでも白子と呼ばれるタケノコは最高級品として親しまれています。エグ味も少なくやわらかいので、ゆでてそのまま食べるのもよし、煮物、酢の物、炒め物など調理法はいろいろです。

なす

なす

向日市の特産物として、タケノコの次に知られているのがナスです。ツヤツヤした肌がはちきれんばかりのナスはタケノコとともに品質のよいことで人気があります。

懸がいギク

懸がいギク

懸がいギクは、断がいから自然に垂れ下がる老木の優美な様をかたどったものといわれています。マダケを使った「棚がい栽培」を行ったのがその始まりで、80年の伝統があります。現在は、「畦立て栽培」を行っており、近畿唯一の生産地として知られています。

ポインセチア

ポインセチア

向日市では、ポインセチア(鉢花)や、春の花壇苗の生産が盛んです。なかでも、ポインセチアは京都府唯一の産地として知られ、特にクリスマスの花として人気を集めています。

お問い合わせ
環境経済部 産業振興課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
環境経済部 産業振興課へのお問い合わせ