妙見山古墳

更新日:2018年6月30日

古墳時代前期(4世紀中頃)の前方後円墳です。

全長約114メートル、後円部は直径約69メートル、高さ約8メートル、前方部は幅約58メートル、高さ約5メートルの大規模な古墳でしたが、今は消滅しています

墳丘には葺石と埴輪が備えられており、後円部の竪穴式石槨に組み合わせ式石棺、前方部の粘土槨には割竹形木棺が納められていました。

小札甲や100本以上の銅鏃が副葬されており、ヤマト王権に参画した有力者の墓と考えられています。

 

お問い合わせ
教育委員会 教育部 教育総務課 文化財係
電話 075-874-3860(直通)、075-931-1111(代表)
ファクス 075-931-2555
教育委員会 教育部 教育総務課へのお問い合わせ