現在の位置

おむつ代にかかる医療費控除

更新日:2021年1月1日

初めておむつ代について医療費控除を受ける方

初めておむつ代について医療費控除を受けるときは、その方の治療を行っている医師が発行した「おむつ使用証明書」と、支出したおむつ代の領収書を、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することが必要です。

おむつ代について医療費控除を受けるのが2年目以降の方

おむつ代について医療費控除を受けるのが2年目以降である方については、医師が発行した「おむつ使用証明書」がなくとも、介護保険要介護認定に係る主治医意見書の内容を確認した書類により、寝たきり状態にあること、及び尿失禁の発生可能性があることが確認できれば、おむつ代が医療費控除の対象として認められます。意見書の内容を確認した書類の交付を希望される場合は、向日市高齢介護課認定給付係に確認願を提出してください。

市から意見書の内容を確認した書類が交付されましたら、意見書の内容を確認した書類と、支出したおむつ代の領収書を、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。

介護保険要介護認定に係る主治医意見書の内容を確認した結果、寝たきり状態にあること、及び尿失禁の発生可能性があることが確認できなかった場合には、初めておむつ代について医療費控除を受ける場合と同様に、その方の治療を行っている医師が発行した「おむつ使用証明書」と、支出したおむつ代の領収書を、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。

おむつ代の医療費控除に係る主治医意見書確認願

寝たきりの方のおむつ代(参考)

病気で寝たきりの方のおむつ代は、医療費控除の対象となります。医療費控除に関する詳しい情報は、国税庁ホームページで確認することができます。

寝たきりの者のおむつ代|所得税目次一覧|国税庁

お問い合わせ
市民サービス部 高齢介護課(東向日別館3階)
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-932-0800
市民サービス部 高齢介護課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください