現在の位置

国の緊急事態宣言に伴う保育施設への受け入れについて(期間延長)

更新日:2020年5月22日

平素は、本市保育行政につきまして、ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止につきまして、先般からご協力いただいておりますことに、重ねて御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和2年4月17日から、保育施設への受け入れについて、保育の対象世帯を限定し、家庭内保育についてご協力をお願いいたしましたところ、児童の登園率は一定低下したところでございます。
一方で、家庭内保育の要請以降も、本市の感染者は増え続けており、国においても、緊急事態宣言の期間延長の検討に入るなど、新型コロナウイルス感染症について、終息の見込みはついていない状況です。
ついては、更なる感染拡大の防止のため、4月17日付けでご協力をお願いした通常保育及び一時保育の「保育縮小の期間」につきまして、以下のとおり、その期間を延長いたします。
感染拡大防止のため、保護者の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

通常保育について

保育の対象とする世帯

原則として次のア、イのいずれかに該当する世帯のみを対象に保育を実施します。

ア 就労のため、職場への出勤が必要な場合で、家庭にて保育を行う者がいないとき

イ 福祉的な配慮(障がい、出産、介護その他の配慮が必要な事項)が必要な場合

なお、ア、イに該当する場合であっても、児童はもとより、保護者だけでなく、同居の方の中に、発熱や咳、鼻水など、風邪症状が疑われる方がいる世帯は、今回の趣旨に鑑み、保育の利用を控えていただきますようお願いします。

 一時保育について

現在の状況に鑑み、緊急性が認められた方のみ、保育を行います。

保育縮小の期間

令和2年5月31日(日曜日)

(注釈)感染状況によっては、再度延長する場合もございます。

家庭内保育のお願い

在宅での勤務が可能な方や育児休業期間中の方など、上記の「保育の対象とする世帯」に該当しない世帯につきましては、家庭での保育をお願いします。

 

保育の現場は、子どもたちと保育士などの職員が密集し、密接に関係を持たざるを得ない場所であることから、ウイルス感染のおそれが高まる場所です。

現在の状況を深刻に受け止め、継続して保育を提供できる環境を保ち、感染の拡大防止を図るためにも、可能な限り家庭での保育にご協力をお願いいたします。

国の緊急事態宣言に伴う保育施設の受け入れについて(期間延長)(PDF:57.6KB)

国の緊急事態宣言に伴う保育施設の受け入れについて(令和2年4月17日付通知)(PDF:156.7KB)

お問い合わせ
市民サービス部 子育て支援課(東向日別館4階)
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市民サービス部 子育て支援課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください