現在の位置

市長からの動画メッセージ手話通訳付(4月27日)

更新日:2020年4月27日

(注釈)この動画は、新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮して収録しています。

  向日市長の安田守です。
  新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令され、特に京都府では、感染拡大防止を重点的に進める「特定警戒都道府県」に指定される中、市民の皆様におかれましては、日々、登園、登校、外出の自粛や 感染予防対策に、大変なご理解、ご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。
  現在、本市におきましては、3月30日に初めて新型コロナウイルス感染者が確認されて以来、11例報告されています。
  報告によりますと、本市では、いわゆるクラスターと言われる集団感染は、発生しておりませんが、感染者が増加しており深刻な緊急事態となっております。

  今週から大型連休が始まります。
  通常であれば観光や帰省などでお出かけになる 期間でありますが、外出や移動に自粛要請が出されております。
  これまでも市民の皆様におかれましては、様々な制約により多くのストレスを抱えながら、日常生活を送っておられると思いますが、未だ感染拡大が収まらない中、今後も皆様お一人おひとりの行動が、自分自身の身を守り、家族を守り、地域を守ることにつながります。

  どうか、不要不急の外出を自粛していただき、人との接触を8割減らすための行動をお願いいたします。
  また、皆様十分にご承知だとは思いますが、
3つの密と言われています

  •  換気の悪い 密閉空間
  •  多数が集まる 密集場所
  •  間近で 会話や 発声をする 密接場面

この3つを避ける行動をとってください。

  私たちも毎日、広報車で市内を巡回し、外出の自粛をお願いしているところですが、公園で、多くの人をお見かけすることもございます。
  公園で身体を動かすことはストレス解消になりますが、密閉空間ではない公園でも、遊具やベンチに触ったり、近距離で会話したりする行為には注意が必要です。
  また、公園をご利用されるときは、できる限り混雑していない時間と、場所を選んでいただきますようにお願い致します。

  そして、繰り返し言われておりますように、手洗い、咳エチケット、換気、また健康管理も大変重要であります。

  今回の新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患がある方は、重症化しやすいといわれておりますが、若い人や子どもでも重症化するケースがあり、決して油断はできません。

  感染収束のカギは 人と人とのふれ合う機会を減らすことといわれております。市民の皆様には引き続きのお願いになりますが、どうか、この連休期間におきましても、外出はできるだけ控えていただき「自宅で過ごす 大型連休」に、ご協力をお願い申し上げます。

  本市といたしましても、早期に感染症を収束させ、そして、市民の皆様の生活を元に戻せるように、この感染症への対策を最優先課題として、全力で取り組んでまいります。

                  令和2年4月27日 向日市長 安 田   守

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください