現在の位置

妊婦の健診・教室:妊娠届出と母子健康手帳の交付

更新日:2016年4月14日

  • 妊娠がわかったら、なるべく早く(妊娠11週までに)「妊娠届出書」を提出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。
  • 手続きの際には、原則マイナンバーを記載していただくことになります。
  • 母子健康手帳とともに「向日市妊婦健康診査公費負担受診券つづり」(14回分)、マタニティマーク(チェーンホルダ)、副読本「子育て家族のための健康ガイド」 などを配布します。
  • 母子健康手帳は子どもの成長に伴って予防接種や健診の記録、また成長の記録が記載されていく大切なものです。出生の証明にもなりますので、大切に保管しましょう。

マイナンバーを記載した書類の提出時に、窓口で必要な本人確認書類

申請時の本人確認のために、次の(1)から(3)いずれかの書類をご準備ください。

(1) 個人番号カード(番号確認と本人確認)

(2) 通知カード(番号確認)と、運転免許証・パスポート・障がい者手帳などの顔写真付証明書(本人確認)

(3) 個人番号の記載された住民票の写し(番号確認)と、運転免許証など(本人確認)

*運転免許証やパスポートがない場合は、公的医療保健の被保険者証・年金手帳・特別児童扶養手当証書などから2点以上が必要です。

*代理人が申請される場合は、委任状、代理人の本人確認書類、本人の個人番号カード(写し)もしくは通知カード(写し)が必要です。

妊娠届出書

お問い合わせ
市民サービス部 健康推進課
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市民サービス部 健康推進課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

〒617-8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時15分まで
【閉庁日】 土曜日、日曜日、祝日、年末年始