現在の位置

「ぐるっとむこうバス」1周年!ダイヤを改正し、バス停を増やしました

更新日:2021年1月6日

    向日市コミュニティバス「ぐるっとむこうバス」が、令和2年10月1日で1周年を迎えました。

  1周年にあわせて、ダイヤ改正・バス停の増設を行いました。 (クリックで新しいダイヤと時刻表にジャンプします)

    「ぐるっとむこうバス」は、市民の皆様により安全で便利な生活をしていただけるよう、新たな公共交通として運行するコミュニティバスです。

    この「ぐるっとむこうバス」によって公共交通のネットワーク連携を強化するとともに、ご高齢の方をはじめ、市民の皆さまの日常生活における交通手段を確保することを目指しています。

    北・南ルートの乗り継ぎができる便もあります。ぜひご利用ください。

運行日

月~金曜日(土・日曜日、祝日、振替休日、年末年始を除く)

運賃

大人200円

小人(小学生以下)100円

乳幼児無料

(注釈)身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は手帳のご提示で半額になります。

(注釈)南北乗り継ぎの際は乗継券(無料)を発行します。

運賃支払い方法

現金のみ(ICカードはご利用いただけません)

車両

北コース:9人乗り(運行事業者 都タクシー株式会社)

南コース:35人乗り(運行事業者 阪急バス株式会社)

 

ぐるっとむこうバス路線図・時刻表・バス停位置(令和2年10月1日変更)

 

「ぐるっとむこうバス」の路線図・時刻表・バス停位置は次のとおりです。

ぐるっとむこうバス路線図・時刻表(令和2年10月1日から)(PDF:1.7MB)

ぐるっとむこうバス停留所地図(北ルート・令和2年10月1日から)(PDF:306.5KB)

ぐるっとむこうバス停留所地図(南ルート・令和2年10月1日から)(PDF:635.3KB)

乗り継ぎについて

北(南)ルートのバス停から南(北)ルートのバス停に行きたいときは、乗り継ぎポイントで降車するときに乗継券をもらって、もう一方のルートに乗車することができます。

・北から南への乗り継ぎ

  向日市役所東向日別館前で下車し、阪急東向日から乗車してください。

・南から北への乗り継ぎ

  JR向日町で下車し、北ルートのバスが来るのをお待ちください。

(注釈)乗り継ぎできるのは、時刻表の★から☆または◎から○の同じ色同士の便です。

乗り継ぎ方法について

1 最初に乗ったバスを降りるときに運賃を支払い、運転手に申告して乗継券をもらう。

2 次に乗ったバスを降りるときに、乗継券を運賃箱に入れる。

(注釈)乗継券は、同じ日の、すぐ後の便でのみ有効です。

(注釈)バスの運行に遅れが発生した場合、乗り継ぎできないことがあります。

ぐるっとむこうバスの利用状況・感染対策について

ぐるっとむこうバスの運行が開始してから1年間(令和元年10月~令和2年9月末)の利用状況は次のとおりです。

ぐるっとむこうバス乗車人数 (PDF:95.5KB)

新型コロナウイルスの影響により、令和2年の4月5月は大きくご利用が落ち込みましたが、徐々に回復傾向にあります。

ぐるっとむこうバスでは、定期的な車内の消毒、運転席と客席の間の飛沫防止、運行中の換気を行い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めています。

ご利用される方は、以下の点にご注意いただきますようお願いいたします。

  • マスクの着用
  • 車内での会話を控える・咳エチケット
  • 乗車前、降車後のうがい・手洗いの徹底

 

 

公共交通を利用して守ろう!

向日市地域公共交通会議

お問い合わせ
建設部 公園交通課
電話 075-874-2943(直通)、075-931-1111(代表)
ファクス 075-922-6587
建設部 公園交通課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください