現在の位置

児童扶養手当

更新日:2021年1月15日

児童扶養手当とは

ひとり親家庭の児童または父(母)が国民年金のほぼ1級程度の重度障がいの状態にある家庭の児童の心身が健やかに成長するように、その家庭の生活の安定と自立の促進のため、児童の母(父)または母(父)に代わって児童を養育している人に支給されます(外国人の方についても支給の対象となります)。

対象

次の1から8に該当する児童を養育している父(母)、養育者

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父(母)が死亡した児童
  3. 父(母)が政令で定める重度の障がいにある児童
  4. 父(母)の生死が明らかでない児童
  5. 父(母)から1年以上遺棄されている児童
  6. 父(母)が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父(母)が法令により1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで出産した児童

ただし、母への手当については次の1から4のいずれか、父に対する手当については次の1から2、または5から6までのいずれか、養育者に対する手当については次の1から4のいずれかにあてはまるときは、受給することができません。

  1. 日本国内に住所を有しないとき(児童が日本国内に住所を有しない場合も含む)。
  2. 児童が里親に委託されているとき。
  3. 児童が父と生計を同じくしているとき(ただし父が政令で定める程度の障がいの状態であるときを除きます)。
  4. 児童が母の配偶者に養育されているとき(配偶者には、内縁関係にある者も含み、政令で定める程度の障がいの状態にある者を除きます)。
  5. 児童が母と生計を同じくしているとき(ただし母が政令で定める程度の障がいの状態であるときを除きます)。
  6. 児童が父の配偶者に養育されているとき(配偶者には、内縁関係にある者も含み、政令で定める程度の障がいの状態にある母を除きます)。母(父)、養育者又は児童が日本に住んでいないとき

 

手当額(月額)

 

手当額(月額) 令和2年4月から
  支給対象児童1人 支給対象児童2人
全額支給の場合 43,160円 53,350円
一部支給の場合 10,180円から43,150円 15,280円から53,330円

 

児童が3人以上のときは、1人増えるごとに6,110円~3,060円が加算されます(手当額は物価スライドにより改定される場合があります)。

年6回、奇数月(1・3・5・7・9・11月)に支給されます。

児童扶養手当支払回数見直しについて(PDF:701.6KB)

所得制限限度額について

この手当は、請求者および生計を共にする扶養義務者の前年の所得(給与所得者の場合は、給与所得控除後の所得)により支給額が決まります。

所得額の計算方法

所得額=年間収入金額(前年の所得と「養育費」の8割)-必要経費(給与所得控除額など)-80,000円(社会保険料相当・一律)-下記の諸控除

養育費は、母(父)が請求者の場合であって児童の父(母)から前年に受け取った金品などのことを指します。
 

所得制限限度表(平成30年8月から)

所得制限限度表(全額支給)
扶養親族等の数 請求者(本人) 配偶者および扶養義務者
0人 490,000円 2,360,000円
1人 870,000円 2,740,000円
2人 1,250,000円 3,120,000円
3人 1,630,000円 3,500,000円
4人 2,010,000円 3,880,000円
5人 2,390,000円 4,260,000円

 

所得制限限度表(一部支給)
扶養親族等の数 請求者(本人) 配偶者および扶養義務者
0人 1,920,000円 2,360,000円
1人 2,300,000円 2,740,000円
2人 2,680,000円 3,120,000円
3人 3,060,000円 3,500,000円
4人 3,440,000円 3,880,000円
5人 3,820,000円 4,260,000円

 

(注)

1 本人所得で、同一生計配偶者(70歳以上の者に限る。)又は老人扶養親族があるときは上記額に同一生計配偶者(70歳以上の者に限る。)又は老人扶養親族1人につき100,000円を加算した額。又は特定扶養親族(16歳以上で19歳未満の控除対象扶養親族を含む。)があるときは特定扶養親族(16歳以上19歳未満の控除対象扶養親族を含む。)1人につき150,000円を加算した額。

2 配偶者及び扶養義務者所得で、扶養親族数が2人以上あり、かつ、老人扶養親族があるときは上記額に老人扶養親族1人につき60,000円を加算した額。

3 特定扶養親族の1人あたりの加算額は、特別児童扶養手当と異なりますのでご注意ください。

4 一部支給の額については、所得額に応じて10円単位で細かく定められています。

 

 

諸控除一覧表
所得控除 控除額
寡婦(夫)控除 270,000円
特別寡婦(夫)控除 350,000円
障がい者控除 270,000円
勤労学生控除 270,000円
特別障がい者控除 400,000円
配偶者特別控除、雑損控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除等 当該控除額

 

母(父)が請求者の場合、寡婦(夫)控除・特別寡婦(夫)控除は、諸控除の対象に含まれません。

支給制限に関する所得の算定方法の変更について(PDF:518.2KB)

お問い合わせ
市民サービス部 子育て支援課 子育て支援係(東向日別館4階)
電話 075-874-2647(直通)、075-931-1111(代表)
ファクス 075-922-6587
市民サービス部 子育て支援課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館・別館・議会棟
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
上植野浄水場
〒617-0006 京都府向日市上植野町久我田17番地の1
電話番号 075-931-1111(代表)
各課の電話番号へ
ファクス 075-922-6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください