築榊講常夜燈

更新日:2016年7月21日

概要

築榊講 (つきさかこう)常夜燈

「築榊講(つきさかこう)常夜燈」は、阪急東向日駅前の西国街道と府道向日町停車場線の合流地点に所在していましたが、平成28年(2016年)7月21日に西国街道の入口に移転しました。寺戸町内にある伊勢講のひとつである築榊講が、天保13年(1842年)4月に建立したものです。総高においては市内最大の常夜燈です。この築榊講は、現在も活動しており、その象徴として民俗文化財に指定されました。

所在地

寺戸町初田

所有者・管理者

法人

お問い合わせ
文化財調査事務所
〒617‐0004 京都府向日市鶏冠井町上古23
電話 075-931-9901(代表) ファクス 075-931-4004
文化財調査事務所へのお問い合わせ