現在の位置

不育症をご存じですか

更新日:2018年8月28日

不育症とは

妊娠しても、流産、死産、新生児死亡などを繰り返して、結果的に子どもを持てないことをいいます。
現在、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかは決まっていませんが、一般的には2回連続した流産・死産があれば、不育症と診断されます。
妊娠した女性のうち4割は流産経験があり、流産を繰り返す「不育症」と診断された方も16人に1人の割合であることが、厚生労働省研究班による初の実態調査で分かっています。また、不育症女性の4割は強い心のストレスを抱えていたことも判明しました。
一方、専門外来で検査、治療した人のうち8割以上が無事、出産しています。夫婦だけで悩まずに、まずは専門医に相談をすることが大切です。
不育症について詳しくは、厚生労働省研究班のホームページをご覧ください。

フイク・ラボ 厚生労働省研究班

向日市では、平成26年10月から「不育症治療と検査」の助成をしています。詳しくは、下記ページをご覧ください。

向日市不妊治療助成事業

相談窓口

不育症は京都府の相談窓口(妊娠出産・不妊ほっとコール)で相談できます。1人で悩まずに、まずはご相談を。専任の助産師が相談に応じます。
詳しくは、京都府の妊娠・出産・子育て支援情報ポータルサイト きょうと子育てピアサポートセンター をご覧ください。

きょうと子育てピアサポートセンター

妊娠出産・不妊ほっとコール

電話

075‐692‐3449

受付時間

毎週月曜日から金曜日、午前9時15分から午後1時15分、午後2時から4時(祝日及び年末年始を除く)

お問い合わせ
市民サービス部 健康推進課(東向日別館4階)
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市民サービス部 健康推進課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください