現在の位置

いったん全額自己負担したとき

更新日:2015年12月28日

保険証を持たずに治療を受けたとき

 事故や急病でやむを得ず保険証を持たずに治療を受けたときは、いったん全額自己負担となりますが、申請をすれば自己負担分を除いた額があとから払い戻されます(国民健康保険料に滞納がある方につきましては、保険料の納付について相談させていただいた後、払い戻しになります)。

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 金融機関の口座番号
  • 国民健康保険療養費支給申請書(申請時に窓口で発行します)
  • 領収書
  • 診療報酬明細書

補装具代がかかったとき

 医師が治療上必要と認めたコルセットなどの補装具代がかかったときは、いったん全額自己負担となりますが、申請をすれば自己負担分を除いた額があとから払い戻されます(国民健康保険料に滞納がある方につきましては、保険料の納付について相談させていただいた後、払い戻しになります)。

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 金融機関の口座番号
  • 医師の意見書
  • 装着証明書
  • 領収書(明細書、仕様書もあわせて)
  • 国民健康保険療養費支給申請書(申請時に窓口で発行します)
お問い合わせ
市民サービス部 医療保険課(東向日別館3階)
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市民サービス部 医療保険課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください