現在の位置

限度額適用認定証について

更新日:2018年7月2日

  ご入院など高額な医療を受けられる方について、「限度額適用認定証(非課税世帯は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)」の交付を受ければ、1つの医療機関における1か月の医療費の負担が、自己負担限度額までとなります。認定証の交付を希望される方は、窓口にて申請してください。

  なお、保険料を滞納している世帯の方は従来どおりの負担となり、高額療養費は申請により後日支給されます。

認定証の更新について

  現在、認定証の期限が7月31日のものをお持ちの方で、平成30年8月1日以降の限度額認定証の発行を希望される方は、新たに申請が必要となります。

  平成30年7月23日から申請を受け付けますので、下記の必要書類をお持ちの上、医療保険課の窓口までお越しください。

  また、年度途中で70歳、75歳に到達される方は、制度の関係上、誕生日の前日が有効期限となっております。自己負担限度額の区分によっては、お持ちの高齢受給者証等が限度額適用認定証の代わりになりますので、更新の必要がございません。

  自己負担限度額の区分については、必要書類下のリンク先をご確認ください。

必要書類

  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • 入院日数の分かる領収書など(過去1年間で合計90日以上入院している、住民税非課税世帯の方および低所得者IIに該当する方のみ
  • 国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書(下記リンク先よりダウンロードできます)

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書

 

  自己負担限度額や高額療養費については、リンク先をご確認ください。

医療費が高額になったとき

お問い合わせ
市民サービス部 医療保険課(東向日別館3階)
電話 075-931-1111(代表) ファクス 075-922-6587
市民サービス部 医療保険課へのお問い合わせ

ページトップへ

サイト利用案内お問い合わせ

本館
〒617‐8665 京都府向日市寺戸町中野20番地
東向日別館
〒617-8772 京都府向日市寺戸町小佃5番地の1
電話番号 075‐931‐1111(代表)
ファクス 075‐922‐6587(代表)
■開庁時間 午前8時30分から午後5時15分 
■閉庁日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
番号はよくお確かめの上、おかけください